《ボード と ペン との組み合わせ》で悩む時ってないですか?

ペン、固形マーカー、筆と使える画材はいろいろあるんですよ。

チョーク・マーカー・筆 使える画材は多い!

先日、(いわゆる)「黒板POP」と呼ばれたりするPOPの画材選びで悩んだ、というお話を友人のAさんから聞きました。

詳しく言うと「ボードとペンの組み合わせが分らず、自分の判断で買ったら、相性が悪かったのかうまくキレイに描けず、結局、ボードとペンを同じメーカーで買い直し、高くついてしまった」とのこと。

ひょっとしたら、同じ失敗をしてしまった方がおられるかもしれませんね。

teruterupopとしては、セミナーや、ホームページ経由で、ブラックボードPOPのお悩みを時々頂いていたんで、遅まきながら記載します。

☆あくまで、teruterupopの経験と知識ですので、参考程度にどうぞ♪

新しい情報が入ったら、随時アップします。

現時点で、ブラックボードPOPを作ろうとする場合、まずほかの画材の場合と同様「用筆と用紙」との相性を考えて購入を決めるのが良いでしょう。

★「ブラックボード」に使う「筆記具」いろいろ

以前は「チョーク(白墨)」「三菱ポスカ」「水性クレヨン」ぐらいしかなかったように思います。今はブラックボードの人気と共に、たくさんの商品が開発され手軽に手に入るようになりましたね。中には、黒い紙に描いてすぐは透明だが、しばらくすると色が浮き出るという筆記具も登場。ざっくりと大きく分類すると3タイプ「チョーク(白墨)」「直液式」「固形タイプ」というところでしょうか。

★「ブラックボード」と呼ばれる品いろいろ
A.チョークアート用のボード(作品の製作者が作ることが多い)

主に「専用の高級油性チョーク」で描きます。アートとして制作しているプロも多い。

B.マットな表面のボード(学校で教師が使っていた黒板も含む)

最近はマットなタイプでも「直液式マーカー」で描けるボードも出てきました。

C.ツルッとした表面のボード(ホワイトボードの黒タイプ)

「直液式マーカー」と「固形マーカー」が使えます。

D.固形マーカー専用のボード(軽い、カッターで切って形を自由に)

お手軽な『お家チョークアート』にハマっているteriterupopです。コスパ抜群!

E.黒い紙(1ミリ以上のかなり厚いものもあります。ボードより安価。)

「黒い紙専用ペン」も登場しました。(ホントに濃い白ですね)文具店で手に入ります。

F.発泡スチロール製ボード(安価で手に入る、カッターで切って形を自由に)

100円均一店で時々買って描いています。練習用にも使えます。

G.プラスチックダンボール(通称プラダン。軽い。黒以外いろんな色あり)

「アクリル絵の具」や「ペンキ」を使って『筆POP』が描けるので看板として使えます。

下記に「ブラックボード と ペン との組み合わせ」について、書いておきます。(2015年UP)(2018年更新)

【直液式の水性マーカー】

三菱鉛筆株式会社製『ブラックボードポスカ』株式会社レイメイ藤井製『蛍光ボードマーカー』

いずれも直液式の水性ペンです。(直液式なので、立てたボードに描くと、時おり〝インクが垂れ〟ます。)

「ツヤありボード」(ホワイトボードの〝黒地〟タイプ)に使えます。最近は「ツヤ消しボード」(黒板風)も登場。同じメーカー製でボードが販売されていれば、それを使うのが無難でしょう。

他社製でも、あまり、使い心地に差はないようです。「描き消し簡単」というのは本当ですが、ボードクリーナーとセットで売っておられることも多いのは、何度も使っていると水ぞうきんだけでは不十分な場面があるという事かも知れません。teruterupopの使い心地の感想では、ポスカより顔料分が多く色味がしっかり出る。消しやすいが長く置いておいたり、屋外に掲示していると消しにくくなる傾向がある。ですので、ぬれ雑巾で消えにくいと感じたら以下の方法を順に試してほしいと思います。たいてい、メラニンスポンジの段階で消えるでしょう。

「ぬるま湯につけた」雑巾で丁寧に拭く→「メラニンスポンジ」で→「ボードクリーナー」で。

いずれの場合も、乾いた布で水分をふき取るようにするのを忘れずに…跡が残る場合があります。

ジュースペイント(パイロット製)

サイズが短く、持ちやすいのでお子さんでも使いやすいと思います。teruterupopの第一印象は「軽くて、ボタ落ちしにくいなぁ」という感じですね。

【チョーク】

「黒板」というと思い浮かぶのはこれですね。

「白墨(ハクボク)」とも言われていた、そうアレです。もちろん、学校で使われていた黒板のような表面のボードが相性が良いでしょうね。消えやすいのが難点ですが、あの風合いがいいんですよね♪カラーも揃っていますし、細身のタイプもあります。

チョークアート というと、たまに、この画材で描く絵を指すとの誤解が、今だにあるようです。

日本理化学工業株式会社

【クレヨンタイプ(固形マーカー)】

固形マーカーで描きました。          クレヨンより色がクッキリです♪

メーカーさん曰く「液体ペンの3倍長持ち」なのに安い。お子さんにも優しい成分で作られているそうです。teruterupopもお気に入り。 1本90円〜(税別)。固形なので、当然、液だれせず扱いやすい。ガラスとも相性が良く、店のインテリアとして活躍中。水で溶かして“水彩風”の絵も描ける。“チョークアート”のような「絵」がうまく描ける、グラデーションがいいですね。クレヨンタッチなので小さな文字は苦手。《ブロックタイプ※》はタイトル文字や塗りつぶしも思いのままです。※この商品の名前を「パステルチョーク」として、多くの色で販売している会社もあります。…下記レイメイ藤井製の「チョークパステル」と紛らわしい名前ですが、こちらの方が先に販売されました。

専用ボード:このボードは好きな形に切りぬける 軽い 描き消し簡単 手作りっぽく描けてクラフト感あり。(teruterupopの感想) ★要注意!!→「普通の黒板に描くと、消しあとが残ります」

黒ケント紙なども、ボード代わりに使えて、描画線が〝クッキリ〟です。

タイトル部分以外の小さな文字は無理せず「直液式の水性ペン」に任せても、両方のタッチが馴染むと感じます(teruterupopの感想)

日本理化学工業株式会社

チョークパステル(レイメイ藤井製)

teruterupopの感想は「柔らかいタッチでしっかり塗れる」「重ね塗りがしやすい」という感じです。

【クレヨンタイプ(固形マーカーより半透明)】

マクソンチョークマーカー(ホルベイン製)

1本150円〜(税別)。キットパスよりなめらか。水性塗料使用のボードでは色残りする場合あり。変わらない情報部分は、本格的なチョークアートで描き、メニューや値段など変化する情報はこのペンで描いて活用しているカフェを時々見かけます。ホルベインは、老舗画材メーカー。

ちなみに、このペンもご紹介します。ブラックボードとは合いませんが。

ゼブラ 水性マーカー 『水拭きで消せるマッキー』 新発売(2015.7)

ホワイトボードに描いた表示が(ホワイトボード用マーカーのように、手で触ったぐらいでは消えず)クッキリしたままなのが良いです。イレイザーでも消せますが、水拭きで簡単に消せ、消しカスが空中に舞うこともないので、清浄な空気を心がけている場所、例えば病院・保育所などにお勧めですね。

このメーカー製の水性マーカーはありましたが、同じ水性でもこのタイプは今回初めてです。マーカーですので①と違ってインクは〝半透明〟に近い。ゼブラさんが自社のホームページで「ラミネートされたPOPにも書きやすいのでどうぞ」と勧めています。teruterupopの手許に届きました。ホワイトボードで実験してみたところ、インクが弾かれて描画線が乱れる事もなく、安定してクッキリかけました。この商品と「紙用マッキー」の見た目がほとんど同じ、ラベルのタイトルをよく見て、間違って使わないよう注意しましょう。

【単品の価格(税別)…2015年時点】をまとめると、

ゼブラ・・・¥180   BBポスカ中字・・・¥200  レイメイ細字・・・¥200  チョーク・・・¥20(日本理化学工業) キットパス(環境固形マーカー):ホルダー付・・・¥150(日本理化学工業)・・・補充用:2本¥150  キットパスブロック・・・サイズ:24×49×11mm・・・¥175・・・専用キットパスボードA4サイズ=¥800 等々 詳しくは各メーカーHPへどうぞ。ゼブラ製は半透明・・角5.3&丸1.4 (赤・青・黒)全8色のセットあり。

★チョーク・・・紙、黒板。★クレヨンタイプ・・・紙、ガラス、(専用ブラックボードもあり)

★直液式ペン・・・紙、ツヤボード、ガラス、木など。

teruterupopも、新製品が出ると、わくわくしながら使っています♪

今回ご紹介したこれらを使って、実際に作品を作ってアップしていきますので、参考にしてください♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回ご紹介の商品以外にも、人気上昇中のペンもあります。毎年、ニューフェイスの画材が発売されていますよね。よく売れてくると、専門店→一般画材店→スーパー→100円均一店 の流れで出回る場所が増えていくようです。

「経済的に使える」という点では、ブラックボードに対しても『筆&絵の具』(持ち運びの品数がとても少なくて済みます。エコですしね。)に優るものはないと感じますが、使いやすさや手軽さ重視で言えば、やはりこれらの画材が人気なのはうなずけます。絵を描く代わりに、リアルなシールも販売されていますね。ますます進化していく世界だと思われます。

当『POPとアート文字Cafe(カフェ)』サークルでは2018年後半から、『描き消し簡単 お気軽チョークアート』を始めました。新しいタイプの「チョークアート」のご提案です。(チョークアーティストAsamiさん提唱)

関連ページ→「描き消し簡単!お気軽チョークアート」新登場!

お問合わせはこちらからどうぞ(あなたのアドレス、内容などは公開されませんのでご安心ください。)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

●「POP作りサークル」の活動を紹介 POPとアート文字 Café

●このサイトの「お問合せページ」はこちらです